黒のドレスにレッドを足して結婚式に

 結婚式に参加したことのある女性の半数が黒系のパーティドレスを持っていると言われています。無難で体のラインも出にくく様々な場所に来ていくことができるので選ばれやすいカラーでしょう。しかし、結婚式のお呼ばれのドレスとしてはやや華やかさにかけてしまいます。もしコーディネートを間違ってしまうと喪服のような印象を与えてしまい、とてもさみしい感じになってしまうことが否めないでしょう。ですが、ブラックのパーティドレスはとても良く選ばれる色です。僅かなポイントを意識知るだけで、喪服のような印象は防ぐことができます。

 ブラック系のドレスとは言っても全身がフラックになってしまうことは避けたほうが良いでしょう。時代の流れとともにブラックのドレスが結婚式で受け入れられるようになってきました。それだからこそコーディネート次第で大人っぽさやクールさ、更にはゴージャスな印象を演出することができます。まだブラック系のドレスは着たことがないという人は一度レンタルドレスなどで試してみると良いかもしれません。

 しかしブラックドレスは持っている人が多いだけに、全体のイメージがご友人とかぶってしまうことがあるかもしれません。その時にワンポイントのお洒落をするとぐっと注目度を増すことができます。ブラックと抜群に相性の良いカラーは「レッド」だと言われています。レッドを全面に出すのではなくて、ブラックが主役のドレスであってそれを引き垂れるために赤を入れると良いでしょう。赤のルージュをひいたり、二次会などの矢役だけ駄馬ではコサージュや髪飾り、アクセサリーなどで引き立たせると大人っぽい印象をあたえることができます。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*