ドレスのライン

ご自身が花嫁さんではなく、結婚式に出席する場合のドレスは、そのラインに違いが少しみられます。原則としてウェディングは花嫁さんと花婿さんが主役なのでお呼ばれされる方は彼らより目立ってしまってはいけません。「プリンセスライン」はスカート部分が、「マーメイドライン」はウエストからヒップにかけてのラインが非常に目立つので、これをお呼ばれされた方が着用することはあまりありません。

結婚式の出席やパーティーに参加するために着るドレスは「Aライン」「エンパイアライン」「スレンダーライン」の他に、「フィット&フレアライン」、「バルーンライン」「Iライン」「Xライン」「フィッシュテールライン」などが、よく見られるシルエットとなります。

まず、「フィット&フレアライン」は、上半身が体のラインにフィットしており、裾が広がったスカートになっているシルエットです。上半身をフィットさせる具合を、自分の体型に調節できることから、ドレスを着慣れていない初心者の方でも整ったシルエットを出しやすいと言われます。体型に合うドレス選びに不安を感じる方や、スタイルをより良く見せたい方にはおすすめのシルエットです。

「バルーンライン」は、袖やスカートの裾が内側に丸く織り込まれていることが特徴で、緩やかで女性らしさを見せることができるシルエットです。スカートの長さによってその印象は大きく変わり、長めだととても落ち着いた印象、短めだと若々しく、かわいらしい印象となります。元気さや華やかさを求めたいのであればこのラインが最適ですし、スカートがタイトではないので、おしりの大きさを隠したいという方にもとてもおすすめです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*