矯正治療の方法

歯科矯正治療はどのようにして行われるのかというと、ブラケットやワイヤなどの矯正装置を用いて歯を理想的な位置に動かすことで矯正していきます。歯科医院で使われる接着剤でそれぞれの歯の表面に器具をくっつけて、溝にワイヤを通します。そして、両側の奥歯などを固定源として、矯正したい歯に力を加えて正しい位置に動かしていくそうです。

力を加えるだけで、歯を動かせることが不思議に思う人もいるかもしれません。では、その仕組を紹介していきます。歯を支えているのは、歯ぐきの中には「歯槽骨」というものです。この歯槽骨と歯根の間には「歯根膜」という繊維組織があり、歯にかかる衝撃をやわらげるという役割を持っています。矯正装置が歯に力を加えることで、力がかかった側の歯根膜は圧迫されて収縮し、歯根膜の中には「破骨細胞」が生まれます。破骨細胞には歯骨根を吸収するというはたらきがあります。

反対側にある歯根膜は引っ張られた状態にあり、これによって歯根膜の中には「骨芽細胞」ができます。新しい歯根膜はこの骨芽細胞によってつくられているそうです。

以上からわかるように、歯の周りの歯槽骨が吸収され、つくられるという変化を繰り返すことが、歯が移動するメカニズムです。矯正が完了するまでは長い時間がかかってしまいますが、これは単に歯を移動するだけではないからということです。歯槽骨が代謝を繰り返しているから、時間がかかるのは仕方がないといえるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*