医療契約

私たちは医院で受診する際、何の嬉踏もなく受付で診療を申し込み、保険証を提出
する。受付はそれを受け取りカルテを作成する。当たり前のように行われている窓口
でのやりとりだが、この時点で病院と患者の聞で「医療契約」が結ばれている。
保険証とは、その患者が病院(保険医)との聞で取り交わされる契約の受益者(被
保険者)であることを示す証書である。
歯科医院で保険証を提示することは、この健康保険の適用範囲であれば金額や治療
の内容(材料や治療法)は歯科医師の裁量にお任せします、という意思表示をしたこ
とになり、これを準委任契約といいます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*