職場づくり

歯科医院だけでなく、会社経営で経営を圧迫するのは「人件費」です。経費のなかでもっとも頭が痛いのは「人件費」です。そのため、スタッフをやたらと雇うことは禁物です。また、せっかく良いスタッフが入っても、すぐに辞めてしまうような状況では、採用費用がかさんでしまうでしょう。そのため、スタッフが辞めたくない魅力のある職場づくりが必要です。

なかでも、スタッフが困っているとき、特に患者さんからクレームがあった時に、院長がきちんと対応することが大事です。もし、そういった事態に対応がおざなりであれば、スタッフは信頼をなくすでしょう。そして、他のスタッフにも波及する可能性は十分にあります。スタッフにたまった不平不満は、離職につながり、経営が安定しないことになるだけでなく、顧客にもその雰囲気は伝わります。スタッフが定着しない、すぐに辞めるお店だという評判が立つ可能性もあります。

スタッフのことよりも自分を優先する、責任を取らないという場合には、自分を振り返る必要があるでしょう。トップの姿勢というのは、他のスタッフにも波及しますので、他のスタッフの姿勢に疑問を感じた時には、自分自身や医院全体の雰囲気と向き合う良い機会になるでしょう。