社員の待遇

歯科医院は収益が上向きな場合には、良いのですが、もちろん不況などの影響で利益がでない場合もあります。その場合、スタッフの人件費が経営を圧迫します。そのため、人件費にお金をかけすぎないことも大事です。不景気の際に経営を圧迫しないように、することも大事なのです。

しかしながら、優秀なスタッフに定着してもらうためには、きちんと利益をスタッフに還元する必要があります。昇給は年に1回、賞与は年に2回など、細かく設定しやる気を失わないようにしてもらう工夫が必要でしょう。

また、有給休暇や誕生日のお祝いなど、一工夫することで他の医院とは違うことを認識してもらうこともできます。もちろん、歯科医院の運営にあたっては、言いづらいことを言わなくてはならないこともあります。そのためには、普段からきちんとした待遇をスタッフにしておくことで、信頼関係を築いておくことが大事です。社員への待遇は信頼関係を築く上での一つの要素でもあります。経営側の真摯な姿勢を伝えることにも伝わりますので、今一度見つめ直すのが良いでしょう。