年代で選ぶ

年代によって、似合う服装は変わってくるものです。

10代や20代の若い方が、背伸びし過ぎた大人っぽいドレスを着ると、老けて見えてしまいます。

一方で、40代・50代のミセスが幼く可愛すぎるドレスを着ると、若作りに見えてしまうのです。

それぞれ自分の年代に合った、適切なドレスを選びましょう。

 

20代なら、スカート丈も膝丈~膝上5cmくらいの丈で、健康的な若さを出しましょう。

ただし、あまり丈が短すぎるとカジュアルになってしまうので注意が必要です。

Aラインやバルーンシルエットの可愛らしい雰囲気が似合います。

カラーは、ピンクやブルーなど、淡くて明るい色が華やかです。

フリルやリボンなど可愛いモチーフは、若い方が良く似合うでしょう。

また、若い内は高額なドレスには手が届きにくいかもしれません。

生地が安っぽく見えないようなドレスを選びましょう。

 

40代なら、肩や足などの露出は抑えめの方が上品です。

スカート丈は膝~膝下丈で長めの方が生えます。

また、加齢による体型の悩みをカバーできるデザインが良いでしょう。

カラーは、ネイビーやボルドーなど落ち着いた暗めの色が似合います。

アシンメトリーや、エレガンスでシンプルなデザインが、成熟した大人の魅力を引き立てます。

 

また、同じドレスでもアイテムによって、年代に合わせたコーディネイトができます。

例えば、ふんわりしたボレロなら、より柔らかな可愛らしいイメージになります。

すっきりとしたショールなら、きちんとした落ち着いたイメージになるでしょう。

 

他にも、同じピンクカラーのドレスの場合、20代なら明るく鮮やかなピンクが似合うでしょう。

40代なら少しシックなピンクの方が似合います。