情報収集力

情報収集の基本は、アンテナの感度とスピードです。アンテナの感度とは、良質の情報をキャッチするための能力です。そのためには、日頃から自分のアンテナの感度を磨き、あらゆる方面に興味を向けておくことが大切です。少しでも気になったものがあれば調べてみるのはもちろんのこと、日頃興味がない分野のことでも、あえて見たり聞いたりする時間を作ってみてもよいでしょう。熱海のコンパニオンのいいサイトがあります。

ここでご紹介しておきます。熱海コンパニオン予約サイトです。宴会をもりあげるにはうってつけのサイトです。

宴会の場面で情報収集力が発揮されるのは、どんなときでしょうか?真っ先に思い浮かぶ方も多いと思いますが、まずはお店選びです。新しいお店や話題のお店を知っていると、マンネリ化を避けることができます。ではお店選び以外に役立つのはどのような場面でしょうか?

仕事も同様です。たとえば、お客様が今、どのようなサービスを利用していて、どのようなことに困っていて、そしてどのようなところと取引をしているか事前に知っていれば、それぞれに応じた話題を提供することができます。手持ちの情報が多いほど質問にスピディーに回答できるだけでなく、プラスαの情報も提供することができます。

私も経験がありますが、お店で商品の購入を検討している際、担当者に質問をしても「ごめんなさい、わからないです」といわれると少しがっかりします。逆に、自社の商品以外にライバル会社の商品や最近の業界の動向、ニュースそして余談で話題になったテレビドラマや温泉旅行のことなど、あらゆるジャンルについて情報を提供してくれたり、相槌や質問といった反応が返つできたりすると「この人すごいなあ」と心底感心します。

普段からアンテナを張り巡らせて得た情報は、すべてストックします。すぐに日の目を見ることもあれば、しばらく奥底に眠ったままになることもあるでしょう。しかしたくさんのストックがあるからこそ、必要なときにスッと取り出すことができるのです。

宴会も仕事も、ストックされた情報を組み合わせて段取りをします。情報のストックが多いということは、組み合わせのバリエーションが増えるわけですから、それはあなたにとって大きな強みとなります。そして自分だけでは集めきれない情報は人脈を駆使して集めます。これがスピードです。仕事が上手くいっている人の多くは、交際範囲が広く、他業種の友人知人も多いという特徴があります。自分だけでは集めきれない情報や専門知識は、彼らからスピーディーに収集することができるのです。情報収集のスピードが速い分だけ、分析の時聞を多く設けることができます。分析をしっかりと行えば、当然よい結果が得られます。