歯科のマーケティング

歯科医の中には、歯科医師としての技術を上げれば患者が増えると思っている人が多いのですが、実際にはそうではありません。腕が良く、良い治療をしていれば口コミで患者さんが増えることももちろんありますが、新規の患者が増えるのとは関係がありません。

最近の新規の患者さんは、ホームページを見て、どこから来院するかを選んでいます。新規の顧客は詳細よりも、ホームページのイメージで来院するため、イメージづくりをどうするかは重要なポイントになります。また、良い治療をすれば、患者さんに評価されると思っている歯科医も多いのですが、歯科医の良い治療と患者の良い治療には乖離があります。歯科の治療は、細かい治療が多いのですが、患者さんはより大きいわかりやすい治療についてしか知識がないのです。そのため、きちんとメリットを説明し、治療するシステムをつくってから治療して行く必要があるのです。

歯科医院側が、患者に対して治療法についてきちんと説明し、患者の理解を深めてもらえば、他の歯科医院とは違う点が見えて来るからです。